福山市立動物園飼育員ブログ
「産卵2019のつづきのつづき」
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2019年7月1日
こんにちは。
小動物担当です。


ワライカワセミの2019年2度目の産卵です。


5月8日に1つめ、5月10日に2つめ。


5月18日に3つめ。


5月30日には卵のひとつがへこんでいました。
おそらく、親が孵化しないと判断しての行為だと思います。


そろそろ孵化予定の5月31日。
卵がふたつ地面に落とされていました。


無精卵か発生中止卵のようでした。


6月5日に最後のひとつの卵がこんな状態に。


親たちが出かけているあいだに見ると、1羽孵化していました。
2019年初めての孵化です。


孵化した後の卵のカラ。
今回は内巻きでお皿のようなかたち。


大きなお口、6月6日。


お腹がぽってり6月9日。


何かエサをもらっていた6月10日。


羽毛が生え始めていた6月14日。


担当イチ推しのポーズの6月15日。


この頃にはマウスを食べ始めていた6月19日。
巣立ち予定は7月上旬〜中旬です。


実は、今回の繁殖からペアを変更しています。
少し詳しいお話を。

前回の産卵が終わったあとに、父が息子(2018年生まれ)をこてんぱんに攻撃してしまったため、息子はバックヤードに移動し、暮らしてもらっています。

これまで繁殖に貢献してくれていた父ですが、息子たちをたびたび攻撃してしまうこと。
また、日本国内の血統の偏りを防ぐことを考えて、父と母とのペアを解消しています。
現在、父はバックヤードで暮らしてもらっています。
(国内のワライカワセミの繁殖はあまり進んでいないのが現状です)


今回から父にかわって、バックヤードで暮らしていた♂(2011年生まれ)と母とでペアリングをおこなっています。

新しいペアの相性は良いのか?繁殖能力は?産卵後にちゃんと孵化をするのか?など心配をしていたのですが、2羽の相性は良いようで、鳴き交わしている姿をよく見ることができます。
そして、孵化したヒナを2羽で育ててくれているので安心しています。


残る課題はヒナの巣立ちです。
巣立ちが無事に終われば、担当の中で新しいペアは大成功です。

これからのヒナの成長と新しいペアに期待している担当でした。

△ページトップへ

『産卵2019のつづき』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2019年5月1日
こんにちは。
小動物担当です。


ワライカワセミの産卵のつづきです。


母と父、そして2018年生まれの♂も抱卵をしていました。
卵がはみ出ていることはよくあります。


あっ


おっ


すっぽり。
卵を隠すことに成功したようです。


そろそろ孵化予定だった4月14日に、卵がひとつ地面に落とされていました。
卵は割られて中身は無くなっていました。


4月17日には、親鳥たちが抱卵するのをやめてしまっていたので、のこり2つの卵を回収。


中身を確認してみると。
1つは、発生がすすんでいませんでした。
無精卵か初期に発生が中止してしまった卵のようです。


もう1つは、初期に発生が止まっていました。
こちらはどうやら発生中止卵。


残念ながら、今回抱卵していた卵は全てだめでした。
やはりこの時期の産卵は気温の低さからか、孵化はせずに終わってしまいます。
ただ、2018年生まれの子どもがヘルパーとして抱卵の手伝いをしていたことは嬉しい収穫です。

これからの夏に期待です。
家族での抱卵を見て、やっぱり期待していた担当でした。

△ページトップへ

『産卵2019と弟』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2019年3月21日
こんにちは。
小動物担当です。


2019年最初のワライカワセミの産卵です。


3月11日に1つめ。


3月13日に2つめ。


3月15日に3つめ。


3月17日には1つ無くなっていました。
どうやら親が食べてしまったようです。


 しかし、3月20日にまた1つ産卵をしていました。



3月24日現在は、3つの卵を抱卵しています。
母と父が交代で抱卵していたり、一緒に巣箱に入って抱卵をしているという感じです。

毎年この時期に産卵はするものの、気温の低さから孵化はせずに終わってしまいますが、夫婦で行なう献身的な抱卵は寒さにも負けないはず…と、ちょっぴり期待をしています。


こちらの弟くん。
今回の繁殖の際に、お父さんにこてんぱんに攻撃をされてしまい、今はバックヤードで暮らしてもらっています。
どうやら、お父さんにとっては息子の弟くんがメスをめぐっての競争相手になってしまったようです。

産卵がはじまり、お父さんが落ち着いたように思い、弟くんとの同居を試みましたが、お父さんは攻撃をしてしまいました。

いままでは、息子たちにこてんぱんにされていたお父さん。
弟くんは優しいので大丈夫かと思っていたら、そんな彼をこてんぱんにしてしまったお父さん。


ワライカワセミは家族で暮らし、子どもたちがヘルパーとして繁殖の手伝いをする動物です。
そんな生活をする彼らなのに、このようなことでは困るのです。(困っています)

弟くんは展示場での同居は難しそうなので、今後は予備の動物舎(非公開)で暮らしてもらうことになるかもしれません。

性格はいろいろあるから仕方ないと思いながら、頭を抱える担当でした。

△ページトップへ

『多摩へ』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2018年11月7日
こんにちは。
小動物担当です。
 

11月5日に、ワライカワセミの姉(2017年繁殖個体)が東京都の多摩動物公園に旅立ちました。
 5日の午前中に出発し、当日の夕方には無事に到着の連絡があったので一安心。
 
父親が静岡の日本平動物園所有のブリーディングローン(略してBL)個体で、お姉ちゃんも日本平動物園の所有となっていました。
 
そんな、お姉ちゃんは父親のBLの関係での移動となりました。
 
ブリーディングローンについての詳細はこちらをご覧ください。
(2017年9月17日投稿ブログ「静岡へ」)
http://www.fukuyamazoo.jp/zoo_blog.php?id=1506389068


お姉ちゃんは、ヘルパーとして抱卵と子育ての経験があるので、移動先の多摩動物公園での繁殖に期待しています。


展示場のワライカワセミは、父・母・弟・2018生まれの4羽になりました。

旅立ったお姉ちゃんのことを小動物ゾーンから応援しています。
多摩動物公園にお出かけの際には、会いにいってあげてくださいね。

△ページトップへ

『練習中』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2018年9月17日
こんにちは。
小動物担当です。


先日巣立ったワライカワセミです。


ある日、展示場にいたカナヘビを家族にもらって食べていました。


またある日はマウスの上に。
足元の消防ホースにマウスを挟んでいますが、自分で取るのはまだ難しいようです。
自力でエサをとるのは練習中な感じです。


顔の羽毛が灰色〜茶色だったりと、あどけなさが残ります。


家族みんなでそろって鳴くのは、もうすこし先になりそうです。

会報誌「さえずり」の秋号(2018年10月発刊予定)に彼らの記事を書いた担当でした。

△ページトップへ