福山市立動物園飼育員ブログ
『孵化 2018』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2018年8月8日
こんにちは。
小動物担当です。
 
ワライカワセミの産卵です。(2018年3度目)
 
6月22日に1つめと2つめ。
6月26日に3つめ。
 

7月17日に1羽孵化しました。
2018年初めての孵化です。


親の足元からピンク色の足がよく見るとひょっこり。
 

孵化後の卵の殻を回収しました。
大きく割って出てきた印象です。
 
7月17日には3つあった卵が2つに。
7月18日には卵がすべて無くなりました。
おそらく親が孵化しないと判断して食べたのだと思います。


暑さで、くたびれていた7月19日。
 

厳しい暑さのためか、ばてている様子で心配だった7月20日。
 

羽毛がちょっぴり7月25日。
 

この頃にはマウスを食べ始めて安心した7月27日。
 

マウスを飲みこんでいた7月30日。
 

ひょっこり7月31日。
 

目が開いているところを初めて撮影できた8月3日。
 

ヒナにエサを運んできた2017年生まれの弟くん。
親がヒナにエサを運ぶ姿を見て学習したのか、この弟くんが巣箱に行くようすをよく見ることができます。
 

マウスのしっぽが、とびでていた8月4日。
 

しっかりしてきた8月7日。
 
巣立ち予定は8月中旬〜下旬頃です。

△ページトップへ

『夏』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2018年7月22日
こんにちは。
小動物担当です。 

暑いです。
ワライカワセミ展示場も暑いです。
 

口を開け暑そうにしているおそらくお姉ちゃん。
 

グリーンカーテンの下で涼しそうな弟くん。
 

対照的な2羽。


そろって暑そうな父・母・姉。
 

やっぱり涼しそうな弟くん。
 

お腹のところにひょっこり?
 
続きます。

△ページトップへ

『産卵のつづき 2018』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2018年7月7日
こんにちは。
小動物担当です。
 
ワライカワセミの産卵です。(2018年2度目)
 
4月30日に1つめ。
5月2日に2つめ。


5月3〜4日に3つめと4つめ。


5月11日に5つめと6つめ。
 

家族での抱卵。(混み合っています)
 
5月15日、1つ地面に落とされていました。
どうやら発生中止卵のようです。
 

6月1日、2つ地面に落とされていました。
こちらも同じく発生中止卵。
そのうち1つはミイラ化した小さなヒナが入っていました。
 

6月3日、巣箱から親たちが出てきていたのでのこりの3つを回収。
検卵してみると発生が進んでいなかったので、無精卵か発生中止卵のようでした。

3度目の産卵につづきます。

△ページトップへ

『産卵』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2018年6月9日
こんにちは。
小動物担当です。
 
2018年最初のワライカワセミの産卵です。
 

3月20日〜22日のあいだに2つ。


しっかり卵を温めます。(卵がはみ出ていることはよくあります)
 

3月25日に3つめ。 

孵化予定を過ぎても孵化がみられなかったので検卵してみると、残念ながら発生(成長)が止まってしまっていました。


今回の産卵は残念でしたが、嬉しい発見も。
野生のワライカワセミは繁殖した子どもたちが、ヘルパーとして抱卵や子育ての手伝いなどをおこないます。
今回は2017年に繁殖した子どもたちを含めた、家族全員での抱卵がみられたことが大きな収穫でした。


家族の抱卵は寒さにも負けないと思っていますが、気温の低さは強敵のようです。


2度目の産卵につづきます。

△ページトップへ

『落とし穴』
テーマ:ワライカワセミ 投稿日:2018年1月13日
こんにちは。
小動物担当です。
 
ワラビー&ワライカワセミ展示場で、がさがさ変な音がするなと思ったら…
 

植栽の防護柵の中に入っていました。


上から落ちたようです。
 
短期間の間に防護柵の中に2度も落ちてしまいました。
これ以上、落ちてしまわないように、防護柵の上の部分に止まり木を付けてみました。
これで安心のはず。(不安がのこります)
 
この個体は、なんだかとてものほほんとしているのです。
おそらく少しの間、人工保育をしていた個体だと思います。
(以前ブログで紹介しました。担当者の間では弟くんと呼んでいます)
 
2017年は2羽繁殖して♀(お姉ちゃん)と♂(弟くん)が生まれました。
この弟くんだけ、どうやら担当者に慣れてしまったようで、展示場に入ると近くでエサがもらえるのを待っていることが多いです。


近くで待っています。


エサを差しあげました。


近くで待っているのです。


寒さに負けず、落とし穴にも落ちずに頑張ってもらいたいと願う担当でした。

△ページトップへ