福山市立動物園飼育員ブログ
☆New 『ブラッザモンキーに消防ホース』
テーマ:ブラッザモンキー 投稿日:2017年6月18日
ブラッザモンキーの放飼場に只今こっそり(?)消防ホースを張っています。
ヤヤちゃんだけだった時は、基本動かずにボ~っとしている事が多かったのですが・・・ ↑↑↑
 
この時、口のしまりが悪く、パカッと開いているのがヤヤちゃんの特徴❤ 
脱力系女子で、めちゃくちゃ可愛い(笑) 

今は若い男の子のサンガ君がやってきて、放飼場をかなり活発に動いています。
扉にドーン!!とアタックしてみたり、高い擬木のてっぺんに登っていたり。
 
なので、なにかアスレチックを作成してあげないとな~と思っている次第です(*´ω`*)
以前、布製のロープを張った時には、
その鋭い歯で全て噛みちぎってしまう結果に終わったこともありましたので、
使用するのはおなじみの消防ホースです!
多分これならそう簡単にちぎられることはないかな~と・・・ 

どんな風な渡し方をすると遊んでくれるのか分からないので、
とりあえず横に渡してみて、ついでにブランコもくっつけて、
どんな反応を示すのか観察中です☆
 

結構、人に対しても物に対しても好奇心旺盛なサンガ君なのですが、
予想外におっかなびっくりな反応で、今のところかなり警戒されています。
様子を見ながら、また改良を進めていきま~す( ^^) _U~~
 


△ページトップへ

『ブラッザモンキー ~新入生の巻~』
テーマ:ブラッザモンキー 投稿日:2016年5月17日
以前、お伝えしてきましたリスザル『キー助』と共に、埼玉県の東武動物公園からやってきたブラッザモンキーのサンガ♂の紹介をします!!

サンガ君は4歳の男の子。うちの園で以前から暮らしている、20才のヤヤちゃんからすると孫のような存在でしょうか?
サンガ君がやってきて1カ月以上が経過しました。
ここで、だんだんと見えてきたサンガ君の特徴を紹介します(*^^*)/// 

●とっても元気でアクティブ!
   ヤヤちゃんがあんなに動き回っているのを見たことがなかったので、
   最初は違和感でいっぱいでした!!
   放飼場の木やフェンスをびゅんびゅん移動したり、走りよってきたり、
   寝室でははやくご飯をよこせと扉にジャンピングキックを決めてきます。
 
●バナナが大好き!
   サンガ君はバナナなど甘い果物が大好き。
   一方ヤヤちゃんはバナナがあまり好きではなく、小松菜が大好きです。
   やっぱり年齢によっても味覚って変わってくるんですかね~(^^*)
 
●ベストな体形!
   サンガ君を見て最初に思ったこと、、、キレイッ★☆★☆
    引き締まっていて、痩せても太ってもいない健康的な肉体。
   模様もくっきりと色の分かれ目やカラーが出ています。
   ヤヤちゃんの垂れ下がったお腹のお肉と比べて・・・若いっていいですね(* ´艸`) 
●よく鳴く!
   ヤヤちゃんはあまり鳴かないので、最初に鳴き声を聞いたときはびっくりしました。
   カッカッ…?ケッケッ…?なんと表現すればいいのでしょう
   種によって鳴き声は様々です。ウッキーじゃないんですよ!
   是非、本物の声を聴きに来てください!!

現在サンガ君とヤヤちゃんは、ヤヤちゃんが高齢(20才)であるため、
この個体同士での繁殖が難しいことや体力の差を考慮して、同居はしておらず別々に暮らしています。基本的には、<<サンガ 火・木・土・日>> <<ヤヤ 月・水・金>>に放飼場に展示しています。
会いに来てね!

△ページトップへ

『ブラッザモンキー マッチ♂』についてご報告
テーマ:ブラッザモンキー 投稿日:2015年1月3日

 10月頃から少し体調が悪くなり、12月に入ってからは治療のため、お休みしていたブラッザモンキーのマッチ(♂)でしたが2014年12月21日に亡くなりました。
 マッチは、2001年7月16日に宇部常盤遊園で生まれ、2005年3月16日に福山市立動物園に来園し、5才年上のヤヤ(♀)と同居して約9年半の間、生活していました。
近くを通りがかると、大きな声を出して飼育係をビックリさせることで日常のストレスを解消していた(!?)マッチでした。やさしい年上女房のヤヤを負傷させて獣医師を困らせた事など懐かしく思い出されます。

いままでかわいがって頂き、本当にありがとうございました。
ブラッザモンキーは、当面の間ヤヤ(♀)一頭のみの展示となりますので、ご了承ください。

△ページトップへ