福山市立動物園飼育員ブログ
『ケープハイラックスのおちびさん』
テーマ:ケープハイラックス 投稿日:2017年10月2日

今年、2017年7月7日に生まれた子どもの1頭が、9月17日に亡くなりました。

同じ日に生まれた、もう1頭の兄弟と比べて、動きがにぶく、ぼーっとしている様子が9月頃から見てわかるようになってきました。
 
9月15日に治療のために捕獲したところ、皮膚がボコボコと荒れた状態で、検査をするとたくさんのニキビダニが発見されました。
 
9月16日には駆虫薬と駆虫用のシャンプーをおこないましたが、9月17日の朝に亡くなっていました。
 
死因は、重度の貧血でした。
エサを十分に食べていなかったことが原因でした。
 
推測ではありますが、離乳期間に入っていたので、母乳から大人と同じエサへの切り替えが上手くできずに貧血につながってしまったものと考えています。
 
※ニキビダニという動物は、人間の顔にもごく普通にいて共生している動物です。
ケープハイラックスも同様にニキビダニと共生していますが、今回のようにたくさん発見されたということは、ケープハイラックスが弱って免疫力が低下したことにより、共生のバランスが崩れニキビダニがたくさん増えてしまい、彼の体に悪影響を与えてしまっていたものと推測をしています。


この子は7月7日の七夕に、もう1頭の兄弟と一緒に生まれました(右側が本個体♂)。 

生まれたころから、おっとりした顔が特徴で、お姉ちゃんたちにお世話をしてもらっている姿をよく見ることができました。
 
展示場に入ると、意外と近いすみのほうや物陰から、こちらをじーっと見つめていることが多かったように思います。
 
のこされた同じ日に生まれた兄弟は順調に成長してくれています。
 
彼らは、体のサイズが小さいため、体へのリスクを考慮し、捕獲して検査をすることは普段ほとんどしません。
 
動きかたや食欲、うんちの状態などを観察することで、彼らに変わったことがあっても分かるようにしています。
ですが、異変に気付いたときには状態が悪く、体のサイズが小さいため、数日で亡くなってしまう場合も少なくありません。
 
ケープハイラックス家族の飼育管理について、改めて考えていきたいと思います。

この子のことをかわいがってくださった多くのみなさまに感謝いたします。
 
小動物担当一同

△ページトップへ

『七夕』
テーマ:ケープハイラックス 投稿日:2017年7月17日
こんにちは。
小動物担当です。
 
7月7日にケープハイラックスが2頭生まれました。
母親は2014年生まれの一子or徹子です。
(どちらかはっきりしないため、後日マイクロチップを読み取って識別予定です)
父親はおそらくポンタです。
 2014年生まれの一子or徹子にとって初めての繁殖です。
 


2頭とも元気いっぱいで、お外デビュー済みです。


今回も、よくよく探していただければ…ひょっとしたら…運が良ければ…どこかにいる…かもしれません。
(しばらくの間、寝室への出入りを自由にしていますので、見ることができない場合があります。ボタンインコを観察しながら気長にお待ちいただけると幸いです。)


母乳をぐびぐび。
子どもたちは展示場の中央にある岩場にいることが多い気がします。


展示場に出る扉の上の部分がお気に入りのご様子。


ケープハイラックスは全部で9頭になりました。
この夏はケープハイラックス家族にご注目です。

2017年のナイトズーでは、ケープハイラックスの子どもたちの体調を考慮して、
展示はおこなわない予定にしていますので、ご了承ください。

△ページトップへ

『昼寝』
テーマ:ケープハイラックス 投稿日:2017年4月10日
こんにちは。
福山市は雨が続きました。小動物担当です。

お花見日和のこの日、ケープハイラックスをのぞくと…
 

こんな感じになっていました。
 
横になっている父親ポンタくんの頭の上で、2016年生まれの子どもがひなたぼっこをしていました。
多分、ポンタくんは寝ているものだと思います。たぶん。 

春を感じます。

△ページトップへ

『おしくら』
テーマ:ケープハイラックス 投稿日:2016年12月20日
こんにちは。
12月前半は雨がよく降りました。
小動物担当です。
 
小動物ゾーンに暮らしている動物たちは、ふとしたときに数頭がぎゅっと集まっていることがあったりします。


こちら、ケープハイラックスのみなさん。
まさにおしくらまんじゅう。
みなさんが集まっているところは床暖房がついているので、
ひっつきもっつきしているんだと思います。


こちらはヤマアラシの「バイオくん」「モミジちゃん」。
この2頭は春夏秋冬いつも寄り添って寝ています。


こちら、カピバラのみなさん。
撮影時は雨天で寒かったためか、みなさん目を見開いています。
カピバラは雨宿りのときもひなたぼっこのときもみんなで仲良くおしくらまんじゅうです。

冬の日差しは暖まります。
今日も満足そうな「しろとりさん」でした。

△ページトップへ

『はさまりラックス』
テーマ:ケープハイラックス 投稿日:2016年8月8日
こんにちは。
今年はまだ園内で、カブトムシ♀とコクワガタ♀の2頭しか捕れていない小動物担当です。オスがほしい… 

さて、今回は7月に生まれたケープハイラックスの子どもたちの出番です。
 
福山動物園ではケープハイラックスたちに、日中は展示場で、夜間は寝室というスタイルで生活をおくっていただいています。
大人たちは、夕方になるとエサがあるのを知っているため、寝室にささっと帰ってきてくれるのですが(帰ってきてくれない時だってあります)、子どもたちはまだ慣れてないせいか、なかなか帰ってきてくれません。

ですので、ほぼ毎日夕方に2頭の子どもたちを探しに行くという生活スタイルを担当は送っています。

ということで探しにいきます。

大抵の場合、この岩の上のボタンインコの巣箱ウラに隠れているはずです。

では、ちょっと失礼して、

いました!
2頭が重なってお尻をこちらに向けて。
丸見えです。
ことわざの「頭隠して尻隠さず」ってこういうことを言うんでしょうね。

別の日は下の子がこちらを向いていました。
丸見えです。 

お次は、寝室です。

はさまりながら、上にひょいひょい登っていきます。

展示場に出る扉の上の部分がお気に入りのようです。

すっぽり入っています。(ピンボケすみません)
最近、大きくなったためか、ちょっぴり狭そうに見えるときもちらほら。

これからも元気いっぱいに成長してほしいです。

ちなみに、ナイトズーでは、ケープハイラックスの子どもたちの体調を考慮して、展示はしておりませんので、ご了承くださいませ。

△ページトップへ