福山市立動物園飼育員ブログ
『モリモリ食べておおきくな~れ!』
テーマ:カピバラ 投稿日:2017年3月12日
何も言わず、写真をどーん!! 

カピバラの親子??
いやいや昨年生まれた四つ子ちゃんのうちの3頭です。
見てわかるとおり、体格差が出てきました。
いちばん右がオスで、後はメスです。
父親のフクタ君は体が小さく、母親のしろとりさんはドスコイ感が半端ないくらい大きいので、オスの子の体格は父親似かな??
 
大きく育ってくれるように、担当者は毎日、笹などの草を刈り取ったり、
某ラーメン店のように、器に野菜をモリモリになるくらいまで準備します。
てんこ盛りのエサをモリモリ食べて大きくなってくれよ~。

△ページトップへ

『カピバラのマユミちゃん』
テーマ:カピバラ 投稿日:2017年2月7日

「マユミ」が2月4日に亡くなりました。
享年7歳でした。

ここ数年痩せているのが気になるようになり、2016年の秋頃からさらに痩せているのが目立つようになりました。
そのため、「マユミ」のために大好きな笹をたくさん食べさせたり、無麻酔で採血ができるようトレーニングをしていました。
「マユミ」は他のカピバラたちよりは、食べるスピードは遅かったものの、たくさんのエサを食べてくれていました。

2016年の冬になると、後ろ肢のかかと部分がひび割れるようになりました。
今年2017年には、かかと部分のひび割れはさらに悪化してしまい、片側の脚ではかかと内部のクッション材の役割を果たしている部分が露出してしまうまで進行してしまいました。
毎日、保湿用のクリームや抗生物質入りのクリームを塗ってケアをしていましたが「マユミ」は嫌がることなく、治療に協力的でした。
 
亡くなる数日前から、治癒に専念してもらうため、そして他の個体よりも少しでも多くエサを食べ太ってもらうため、「マユミ」を暖かい寝室に隔離して飼育をしていました。
 
結果として、ほかのカピバラたちと一緒に居れないことが「マユミ」にとって大きなストレスとなり、食欲そして活力が低下し2月4日の夜に亡くなってしまいました。
 
「マユミ」の死因は肝不全でした。 

以前より痩せていたことから何らかの病気を疑っていましたが、死後はじめて肝臓の病気だったことが分かりました。
日常的に採血ができていれば、治療ができた病だったかもと思うと申し訳ない気持ちで胸がいっぱいです。


「マユミ」は2010年の秋に「ウタネ」、「かん太」と共に長崎バイオパークから来園し、小動物ゾーンの立ち上げメンバーとして活躍してくれました。
 

「マユミ」は、たくさんの家族、そして仲間たちを支えてくれました。
昨年2016年にうまれた「フクタ」と「しろとりさん」の子どもたちのお世話をとてもよくしてくれていました。
出産の経験はありませんでしたが、子育ての経験はばっちりだったためか、「しろとりさん」は「マユミ」に子どもたちを預けて、お食事お昼寝なんて光景を毎日のように見ることができました。

子どもたちも「しろとりさん」よりも「マユミ」と一緒にいた時間が長かったような気がします。
カピバラたちの中でも、頼れる存在だったのかもしれません。


今後は、健康状態のチェックのため、病気の早期発見のため、のこされたカピバラたちの採血ができるようにトレーニングを進めていきたいと思います。
 
天国では、異母兄弟である「ウタネ」やウタネの娘の「コトネ」と再会していることでしょう。


ファンのみなさま、「マユミ」のことをかわいがってくださり本当にありがとうございました。 

小動物担当一同

△ページトップへ

『続・冬のプール教室』
テーマ:カピバラ 投稿日:2017年1月31日
こんにちは。
小動物担当です。
 
日中ぽかぽか陽気だったためか、今日もプール教室が開かれていました。

今回の参加は、「しろとりさん」と子ども1頭です。


遊びながら泳いでいるので、見た目によらず水しぶきが激しいのです(水かけられました)。


水もしたたるナイスな「しろとりさん」でした。

△ページトップへ

『スキンケア』
テーマ:カピバラ 投稿日:2017年1月21日
こんにちは。
小動物担当です。

空気が乾燥する日本の冬は、もともと南アメリカで暮らしているカピバラたちにとって、すごしやすくて快適!とはいえない季節です。

カピバラたちの短くてまばらな体毛では、冬の乾燥した空気はふせげないようで、肌が荒れてしまうことがあります。

すこしでも肌を保湿するため、福山動物園ではワセリンをぬっています。



ぬった後はこんな感じ。
テカテカ「フクタ」です。


特に「マユミ」ちゃんは、高齢のためか肌が乾燥しやすいようなので入念に。
肌荒れは乙女の敵なのです。

最近は後ろ脚のかかとがひび割れてしまうので、より入念にワセリンをぬりこみます。 
肌を保湿することで、すこしでも快適に暮らしてほしいと思います。

カピバラたちにワセリンをぬることで、自分の手の保湿もしている小動物担当でした。

△ページトップへ

『冬のプール教室』
テーマ:カピバラ 投稿日:2017年1月15日
寒い日々が続きますね。

この寒い中、めずらしくカピバラ一家はプール教室を開いておりました。



プールの中で、こどもたちとじゃれ合う「フクタ」&「シロトリ」夫婦。
子煩悩な2頭を見ていると頭が下がります。
私はこんな寒い日に、屋外プールに入るのは遠慮したいです。

△ページトップへ